TOP » 高見澤社員ブログ » ブログ » 6月、京都へいこう

高見澤社員ブログ

高見澤社員ブログ

6月、京都へいこう

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部ウェブ担当チームです。
始まりましたね!ワールドカップ!
夜な夜な日本代表のサッカーを応援して
寝不足の方、多いのではないでしょうか\(^o^)/?
このまま頑張ってほしいですね~★
今回は、緑が綺麗な6月の京都をご紹介します。

↓ ↓ ↓

先日、仕事で京都へ行く用事があり、
そこで半日ほど時間ができましたので
修学旅行以来の京都散策を楽しんでまいりました。

京都のハイライトである桜、紅葉の季節ではないのですが
青葉が茂り、岩苔も眩しい6月の京都もなかなかの風情です。
20180625-1.jpg

まずは川床で有名な情緒あふれる飲み屋街、先斗町。
2年ほどかけて電線地中化が行なわれるそうです。
2mもない幅の先斗町通りこそ電線地中化は必須
さぞスッキリした通りに生まれ変わる事でしょう。
20180625-2.jpg
ただ、電線の張り巡らされたゴミゴミ感も
先斗町の猥雑な雰囲気にも合っている気もしますが。

通りといえばこちらは哲学の道。
朝も早かったせいか他に歩いている方もまばらで
その名の通り自分の歩んできた恥多き人生を振り返る事ができました。
20180625-3.jpg
通りは30年ほど前に最低限の整備を施されただけの遊歩道で
人間が無理に手を加えた景観ではなく
在るがままの自然を感じさせてくれるものです。
何事も過ぎたるは及ばざるが如しです。

こちらは知恩院。
残念ながら本堂は2019年まで改修工事で参拝は叶わなかったのですが
壮大な三門はこの通りです。
20180625-4.jpg
皆さん脇のスロープを通られるのでまさかの三門に自分だけの状態。

そして、千本鳥居が有名な伏見稲荷大社。
20180625-5.jpg
時間の都合で全てを潜ることは出来なかったのですが
何より驚いたのが外国の方々の多さ。
修学旅行生がいなかったせいもありますが
8~9割、極端に言えば私以外すれ違う人皆外国人というくらいでした。

日頃は新しく街を整備する仕事に携わる私ですが
残さなくてはいけないもの、変えてはいけない事もある
それを思い知らしめてくれる京都の旅でした。

最近、TVで京都出身の方々が妙な京都自慢をするので
少し冷めた感があったのですが、やっぱり京都は良いですね。
20180625-6.jpg

そうだ、京都にまた行こう。

    

---------------------------------------------------------------------------

施工事例をご紹介しています ↓

【側溝】マルチU縦断センタースリット(群馬県利根郡昭和村)
【側溝】マルチU開渠タイプ(山梨県甲斐市)
【L型擁壁】ガードクリフ(群馬県冨岡市)

20170217.JPG

随時、現場を追加していきますのでよろしくお願い致します。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

PAGE TOP