TOP » 製品紹介 » 河川 » cv護

製品紹介 カテゴリ一覧

cv護
護床・根固めブロック ハーフプレキャストコンクリート

CADデータ
ダウンロード

この製品のCADデータはお問い合わせ願います。

※ダウンロードされる方へ

※カタログ及びCADデータをダウンロードされる方へ

当社は長野県及び周辺地域(新潟県、群馬県、山梨県、埼玉県、その他)を対象に、コンクリート二次製品(コンクリート製品)の製造と販売を行っています。
遠方のお客様の場合、その地域において製品の供給が難しい場合もございますので、当社のコンクリート二次製品をご検討いただく場合には、まずはお問合せいただきますようお願い申し上げます。

株式会社高見澤 コンクリート事業部

特長

1.ハーフプレキャストによる工期短縮
従来の現場打ち根固めブロックと比較して、プレキャストコンクリート製品を現存型枠として現地に設置し、コンクリートを打設することで施工期間を大幅に短縮することができます。

2.隣接ブロックとの一体性
ブロックの噛み合わせと連結によって一体構造となり、流水に対し安定します。

3.河川景観との調和
現場にて植石を行えるので、河川環境に調和することが可能です。

4.2種類の施工方法
河床に設置した製品内にコンクリートを打設する標準施工と、河川内での打設が困難な場合のヤード製作施工の両方に対応可能です。

5.減勢効果
ブロック表面の突起あるいは植石をすることによって、流水の減勢効果があります。

規格寸法

cvm-kikaku680.jpg

■数量表

規格 ブロック ブロック参考質量 使用個数
(個)
中詰コンクリート量 参考総質量
(t/組)
使用数
(組/㎡)
(t/個) (t/組) 体積(㎥/組) 参考質量(t/組)
0.5t A1ブロック 0.411 0.411 1 0.089 0.205 0.616 0.76
1.0t Aブロック 0.585 0.585 1 0.181 0.416 1.001 0.76
A0ブロック 0.567 0.567 1 0.181 0.416 0.983 0.76
2.0t Bブロック 0.544 1.088 2 0.434 0.998 2.086 0.38
B0ブロック 0.529 1.058 2 0.434 0.998 2.056 0.38
3.0t Cブロック 0.483 1.932 4 0.580 1.334 3.266 0.24
4.0t Dブロック 0.546 2.184 4 0.830 1.909 4.093 0.24

※A0ブロック・B0ブロックは、上部の突起(H=100)が無いブロックです。

参考配置図

cvm-haichi680.jpg

参考断面図

cvm-danmen680.jpg

歩掛表

■ブロック据付参考歩掛表※1 (10組当り)

規格 cv護(個) 世話役(人) 特殊作業員(人) 普通作業員(人) ラフテレーン
クレーン25t(日)
諸雑費※2
0.5t用・1t用 10 0.20 0.20 0.40 0.20 労務費×0.1%
2t用 20 0.40 0.40 0.80 0.40
3t用・4t用 40 0.80 0.80 1.60 0.80

■中詰めコンクリート投入打設・養生工参考歩掛表※1 (100㎥当り)

生コンクリート(㎥) 世話役(人) 特殊作業員(人) 普通作業員(人) ラフテレーン
クレーン25t(日)
諸雑費※3
101 1.60 2.90 4.80 2.30 労務費×3%

※1 歩掛は平成25年度版国土交通省土木工事積算基準「消波根固めブロック工」によるブロック実質量2.5t以下/個に準拠
※2 諸雑費は、ブロックの荷卸、据付の作業で必要なワイヤーロープ等の費用
※3 諸雑費は、コンクリート投入打設に必要な小器材、養生シート及び電力に関する経費等の費用

施工手順(標準施工)

sekoutejun.jpg

施工写真

■1t標準施工
0101.jpg0102.jpg
          施工中                     完成後

■2t標準施工
0201.jpg0202.jpg
          施工中                     完成後

■4tヤード製作施工
0301.jpg0302.jpg
          施工中                     完成後

■2t標準施工 橋梁下施工
0401.jpg

■2t標準施工 植石施工
0402.jpg

cv護 カタログダウンロード

※カタログ及びCADデータをダウンロードされる方へ

当社は長野県及び周辺地域(新潟県、群馬県、山梨県、埼玉県、その他)を対象に、コンクリート二次製品(コンクリート製品)の製造と販売を行っています。
遠方のお客様の場合、その地域において製品の供給が難しい場合もございますので、当社のコンクリート二次製品をご検討いただく場合には、まずはお問合せいただきますようお願い申し上げます。

株式会社高見澤 コンクリート事業部

PAGE TOP