TOP » 私たちの取り組み » SDGsへの取り組み

私たちの取り組み

私たちの取り組み

SDGsへの取り組み

sdg_poster_ja_2021.jpg

高見澤ではSDGs達成へ向け、製品づくりの様々な場面でCO2排出量削減に向けた取り組みやリサイクル製品の製造を行っています。

1.溶融スラグ製品
溶融スラグとは、廃棄物や下水汚泥の焼却灰等を1300℃以上の高温で溶融したものを冷却し、固化させたものです。
ながの環境エネルギーセンターのJIS工場で生産された溶融スラグを骨材の一部と置き換えることで、埋め立て処分される溶融スラグの減量化に貢献しています。また一部の溶融スラグ製品は、長野県より「信州リサイクル製品」の認定を受け、公共工事の場でも活用が進んでいます。

resysdgs.jpg

2.Tコン製品
Tコン製品に使われている高炉スラグ微粉末は製鉄所の高炉で鉄鉱石を溶融・還元する際に発生する副産物であり、高炉スラグ置換率30%以上の高炉セメントは、公共事業向けの「グリーン購入法対象製品」に指定されています。
Tコン製品は、製品製造に必要となる普通ポルトランドセメントの40%を高炉スラグ微粉末に置き変えることによりセメントの使用量を大幅に削減し、石灰石起源のCO2排出量を年間約1900t削減しています。

3.DC製品
高見澤では歩車道境界ブロック・張ブロック等を、超硬練の生コンを強力な振動とプレスにより一瞬で成型することが出来る即時脱型(DC:ドライキャスティング)製法で造っています。この製法では促進養生を行わないため、ボイラーの燃料として使う重油の使用量を大幅に減らすことが出来ます。このことにより当社では年間約190tのCO2排出量を削減しています。
また、水セメント比が小さいことから凍害のリスクが大幅に減少し、ライフサイクルコストの低減に繋げることが出来ます。
当社の大型即時脱型マシンは、その優れた生産能力により、大量注文や急を要する災害復旧の現場等にも早期対応することが可能です。

21dcsdgs.jpg

4.防草製品
植物の成長しようとする性質を逆に利用し、雑草自ら成長を止めることで防草効果を得ることが出来る技術を歩車道境界ブロックに採用しています。
農薬や他の資材を必要としないので地球環境にも優しく、除草作業にかかるCO2排出量を削減することが出来ます。
sdgsboso.jpg

2021年10月、コンクリート事業部小布施工場、伊那工場は、長野県SDGs推進企業に登録されました。

sdgsnagano.jpg         登録証(小布施工場)            登録証(伊那工場)

PAGE TOP