TOP » 製品紹介 » 水路農業用 » 一体型柵渠(HI-P水路)

製品紹介 カテゴリ一覧

一体型柵渠(HI-P水路)実績豊富な農業用水路です(長野県標準仕様)

設計ガイド
施工ガイド
CADデータ
ダウンロード

146KB

316KB

96KB

939KB

355KB

140KB

※ダウンロードされる方へ

※カタログ及びCADデータをダウンロードされる方へ

当社は長野県及び周辺地域(新潟県、群馬県、山梨県、埼玉県、その他)を対象に、コンクリート二次製品(コンクリート製品)の製造と販売を行っています。
遠方のお客様の場合、その地域において製品の供給が難しい場合もございますので、当社のコンクリート二次製品をご検討いただく場合には、まずはお問合せいただきますようお願い申し上げます。

株式会社高見澤 コンクリート事業部

永く愛される理由があります「HI-P水路」

一体型柵渠は土地改良事業を始め様々な水路にお使いいただいております。600x600からの豊富な断面、落差口がしっかりと規格化されていること、その落差口には流速を抑える工夫があること、軽い重量による施工のよさ等々・・・ますます現場のご要望に応えてまいります!

近年では、底版にコンクリートを打設せず栗石とし、環境型水路としての採用も増えております。魚が棲み、地下水涵養もできる水路としても活躍しています!

HI-P水路とは


hip-toha.jpg従来の組立柵渠を一体成型した製品がHI-P水路です。

本体が一体化しているので施工が容易で工期の短縮が可能です。

底部にインバートコンクリートを打設すれば三面水路にもなります。

環境水路としても

HI-P水路の底部に植石をしたり、水路内面に間伐材や自然石を貼り付けたりする事で、環境や景観に配慮した水路としても活用いただくことが可能です。

hip-kankyo.jpg

落差口にひと工夫あります

hip-rakusa.jpg

このコンクリート製品は地球温暖化防止の為に「混合セメント」でつくっています

このプレキャストコンクリート製品の製造には混合セメント(当社では高炉セメント)が用いられています。混合セメントは普通セメントと比べて製造時に排出される温室効果ガスを約4割削減できる事から、低炭素型社会の実現に大きく貢献することができます。混合セメントは現場施工の生コンへの利用は既に一般的ですが、プレキャストコンクリート製品への利用は長野県内ではまだ広がりを見せていません。高見澤コンクリート事業部では「混合セメントを利用したプレキャストコンクリート製品」の製造・販売を通して、地球温暖化防止に貢献しています。

一体型柵渠(HI-P水路) カタログダウンロード

※カタログ及びCADデータをダウンロードされる方へ

当社は長野県及び周辺地域(新潟県、群馬県、山梨県、埼玉県、その他)を対象に、コンクリート二次製品(コンクリート製品)の製造と販売を行っています。
遠方のお客様の場合、その地域において製品の供給が難しい場合もございますので、当社のコンクリート二次製品をご検討いただく場合には、まずはお問合せいただきますようお願い申し上げます。

株式会社高見澤 コンクリート事業部

PAGE TOP