TOP » 新着情報

新着情報

新着情報一覧

弊社納入の『オチナイデ』が記事になりました!

弊社中信営業所にて大町市の現場に納入させていただいた、(株)ダイクレ様の製品『オチナイデ』が記事になりました。

「進化する農業用水安全対策 最新技術には「助かる技術」が盛り込まれている」

『オチナイデ』は、蓋でも柵でもない新構造で、近年多発している水路への転落事故を防止するカバーです。
この製品は転落を防止するだけでなく、水路に転落してしまった人が掴まったり、楽に上がったりすることが出来る構造になっています。

≪施工の様子≫

■ご要望の際はぜひ担当営業所までお問い合わせください。
北信営業所 長野県上高井郡小布施町雁田1262-1   TEL:026-247-3151
東信営業所 長野県上田市殿城上左口3726-1     TEL:0268-26-1722
中信営業所 長野県松本市島立2403-2        TEL:0263-40-5211
南信営業所 長野県上伊那郡宮田村大久保5450     TEL:0265-85-3061
茅野営業所 長野県茅野市塚原2-16-14         TEL:0266-72-5655
関東営業所 埼玉県上尾市中妻4-2-2 ウエルズ上尾   TEL:048-783-3346

長野経済新聞に掲載されました!

12月5日の長野経済新聞に
先日小布施工場で行われた長野工業高校のインターンシップの様子が掲載されました!

191205長野経済新聞.pdf

260506.jpg 260525.jpg

小布施工場や実際に製品が納入されている現場の見学、
テストピースを使って圧縮強度試験などを体験してもらいました。

今後の進路選択等の参考になれば幸いです。

信濃毎日新聞、日本農業新聞に掲載されました!

11月11日、長野県の特産であるりんごの高密植わい化栽培のための施設、
「コンクリート製トレリス」の発表会が行われ、その様子が
11月12日 信濃毎日新聞.pdf
11月13日 日本農業新聞.pdf に掲載されました!

1421.jpg

高密植わい化栽培とは、栽培樹の列間隔や樹間距離を短くし、植える本数を増やした栽培体系です。
1本1本の樹が細く自立しないため、ワイヤーと支柱を使ってりんごの木を壁状に植えていきます。

1362.jpg

従来の栽培方法と比較して、収穫開始年度を早くすることが可能となり、剪定や葉摘み、玉回しなどの作業も省力が図れる画期的な栽培方法です。
収穫量も従来の3倍~4倍になるそうです!
県内のりんご栽培農家が減少していることから、平成20年度から長野県でも推進しています。

しかし県内のわい化栽培に取り組んでいる畑では、支柱に単管を使用しているところが多く、強風などにより倒壊の危険性があります。
そこで今回、JA全農長野と協力してコンクリート製の支柱を製作し、モデル園を設置しました。
コンクリート基礎を使ってコンクリート支柱を自立させることで強風が吹いても施設が一気に倒壊するリスクが少ない構造となっています。

これから更に改良を加え、構成部材の軽量化・低コスト化を図ると同時に、安全性についても更に追求し、コンクリート製品を使って農業の活性化のお手伝いが出来ればと考えております。

防草ブロックが「レジリエンス最優秀賞」を受賞しました

全国防草ブロック工業会の防草ブロックが第5回「ジャパン・レジリエンス・アワード2019」にて「レジリエンス最優秀賞」を受賞しました。

ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)は、次世代に向けたレジリエンス社会構築へ向けて強靭な国づくり、地域づくり、人づくり、産業づくりに資する活動、技術開発、製品開発等に取り組んでいる先進的な企業・団体を評価、表彰する制度です。
全国から多くの企業がエントリーするなか「企業・産業部門」から全国防草ブロック工業会は「最優秀レジリエンス賞」を授与されました。

→ジャパン・レジリエンス・アワード(強靭化大賞)

R_award_2019n01.png


第5回「ジャパン・レジリエンス・アワード2019」
主催:(一社)レジリエンスジャパン推進協議会





防草ブロックは、植物の「屈性」という性質を利用し、雑草の成長を止めてしまう製品です。
農薬や除草作業が不要になり、除草作業に伴って発生するCO2排出量が削減でき、環境に優しい工法です。

boso-shintyaku.jpg boso-shintyaku-pl.jpg

防草ブロック歩道エプロンタイプ   防草ブロックPLガッタータイプ

防草ブロックが「2017年度グッドデザイン賞」を受賞しました

全国防草ブロック工業会の防草ブロックが「2017年度グッドデザイン賞」を受賞し、その中でも独自性、提案性、審美性、完成度などで特に高く評価され、「グッドデザイン・ベスト100」にも選ばれました。
→グッドデザイン賞受賞概要

gooddesign2017.jpg

「2017年度 グッドデザイン賞」
主催:(公財)日本デザイン振興会
後援:経済産業省・中小企業庁・東京都・日本商工会議所
   日本貿易振興機構(JETRO)・ほか

■審査委員からのコメント
道路の総延長を考えれば、除草作業の人件費削減や溝を拡大して接着剤を注入しシール材をはめ込むような除草製品の削減に貢献できることの社会的意義は大きい。

■グッドデザイン賞とは・・・?

様々に展開される事象の中から「よいデザイン」を選び、顕彰することを通じ、私たちのくらしを、産業を、そして社会全体を、より豊かなものへと導くことを目的とした公益財団法人日本デザイン振興会が主催する「総合的なデザインの推奨制度」です。

→GOOD DESIGN AWARD(グッドデザイン賞)

boso-shintyaku.jpg boso-shintyaku-pl.jpg

防草ブロック歩道エプロンタイプ   防草ブロックPLガッタータイプ

<  1  2  3  4  5  
PAGE TOP