TOP » 高見澤社員ブログ » 現場紹介

高見澤社員ブログ

高見澤社員ブログ 現場紹介一覧

諏訪湖周サイクリングロード

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部web担当チームです。
12月に入り、いよいよ2021年ラストスパートですね。
体調や地震に気をつけて、元気に乗り切りましょう!
今回は茅野営業所から、諏訪湖周サイクリングロードをご紹介します(^^)/

↓ ↓ ↓

皆さまこんにちは!
2021年も残りわずかとなりました。

suwako01.jpg
茅野営業所からも見える八ヶ岳が白く染まりました・・・

今回は【諏訪湖周サイクリングロード】のご紹介です。
未完成な場所もありますが諏訪湖が1周できるサイクリングロードがあります。
suwako02.jpg
諏訪湖周のお店にはレンタル自転車もあり
子供用や電動サイクルが借りられるお店もあります

suwako03.jpg
サイクリングロードには弊社製品等も納入させていただいております
ナチュロックはこちら   → 
地先境界ブロックはこちら → 


サイクリングロード沿いには公園やご飯屋さん・カフェ等もあるので
自転車を停めて公園で遊んだり・休憩やお食事も楽しんだりしながら
サイクリングすることもできます
suwako04.jpg suwako05.jpg
下諏訪町の信州山麓カフェテラスさん
テラス席からは富士山も望めます

suwako06.jpg suwako07.jpg
suwako08.jpg suwako09.jpg
ランチコース
コーヒーか紅茶、デザートもつきます・・・

全長16キロの諏訪湖周サイクリングロードですが
道草しながらの諏訪湖1周サイクリングも楽しいかもしれません


今年も諏訪湖上花火大会は中止になりましたが
土日曜日には花火の上がる日もあり
短時間でしたがサイクリングの後に花火を楽しむこともできました
suwako10.jpg suwako11.jpg
今回は時間の関係で諏訪湖1周はできませんでしたが来春はぜひ挑戦してみたいです。


来年2022年は諏訪大社式年造営御柱大祭です。
suwako12.jpg suwako13.jpg
八ヶ岳の麓で8本の御柱も静かに出番を待っています

来年も良い年になりますよう願っております。

---------------------------------------------------------------------------

L型擁壁、マルチU、ボックスカルバートetc...
施工事例をご紹介しています ↓

20170217.JPG

随時、現場を追加していきます。こちらもぜひご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

ガーデンテラスの手摺をコンクリートで!【軽井沢町】

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部web担当チームです。
とっても強そうなコンクリート製品にも、弱点があることをご存知でしょうか?
今回は「FRCコンクリート」を使用した施工事例をご紹介します(^^)/

↓ ↓ ↓

早速ですが皆さんはコンクリート2次製品というとどの様な印象をお持ちでしょうか。

白い、固い、強い、重い、、、色々とあるかと思いますが
敢えて弱点とも言える点を挙げますと
・先程列挙しました中にもあります通り重い
・固そうに見えて、実は点で当たる衝撃には弱い
等があります。

それを解決する方法の一つに"繊維補強コンクリート(Fiber Reinforced Concrete 通称:FRC)"があります。
これはコンクリートの中に様々な繊維を混入してコンクリートの性能を上げるものです。
混入する繊維によってその特性は変わりますが、代表的なもので言うとガラス繊維、鋼繊維、合成繊維、カーボン等があります。

ある日、懇意にして頂いている建設会社の担当者から電話がありました。
その内容は、軽井沢に建設中の別荘のガーデンテラスの手摺の天端(笠木)部分をコンクリートで作ってもらえないか、というものでした。

そこで考えたのが
まず、手摺のバランスを考えると、なるべく小さく、薄いものではなくてはならない。且つ、強度は絶対に必要である
次に、手摺を使って子供達が遊ぶことも想定すると衝撃にも強くしたいし、直接手で触れるところですのでヒビ割れも抑えたい。
そして思いついたのが、化学繊維であるポリプロピレン短繊維を混入したFRCでした。

FRCを使用することにより鉄筋を無くし、鉄筋コンクリートでは実現できない薄さまで対応することが出来て
課題であった衝撃抵抗を向上させ、ひび割れ抑制にも役立ち、直接触れても問題がないもの、それらを解決するのがポリプロピレン短繊維でした。

何度も設計コンサルタント、建設会社、手摺の足の部分を作る鋼材施工業者の方々と協議し
平均長さ1200mm、厚みを34mmにした笠木を製造することになりました。

製造するにあたり苦労したのが、デザイン性が大事となる軽井沢の別荘特有のものでした。
まず、ガーデンテラスはアーチ状になっていること。
そして、お庭の見え方に影響する足の位置も全て指定されていること。
足と笠木を固定するボルトの位置も寸分違わずにしなくてはならないため、全ての笠木の長さ、Rを変えて製造する必要があります

frc01.png

設計、製造、そして運搬に細心の注意を払い、何とか納品する事ができました。
見た目は普通のコンクリート製品とほぼ相違ありません。
frc02.jpg
※製品の周りの白いものは保護用のシートです

そして、完成しました手摺がこちらです。濃いグレーに着色してあるものが今回製造しましたFRC製の笠木です。
frc03.jpg frc04.jpg

なかなか"COOL"じゃないですか?

聞いた話ですが、この別荘の持ち主は日本人ならどなたでもご存知の世界有数のメーカーである創業家の方との噂。
ガーデンパーティーの際には、セレブな皆様が手摺に置いたグラスにシャンパンを注ぎ、オマール海老を片手に談笑されることでしょう。
そんな時に「この手摺イイね!我が別荘にも付けよう!」なんて話になったら嬉しいものです。

---------------------------------------------------------------------------

L型擁壁、マルチU、ボックスカルバートetc...
施工事例をご紹介しています ↓

20170217.JPG

随時、現場を追加していきます。こちらもぜひご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

この風変わりなものは・・・?

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部web担当チームです。
まだ6月だというのに30℃近い暑い日が続いていますね。
マスクをしている分、余計に熱中症に気をつけましょう!
今回ご紹介する、この不思議な形のものはなんだかわかりますか?(^^)/

↓ ↓ ↓

善光寺の東側にある長野県信濃美術館(長野市箱清水)が改修工事を終え

4月にランドスケープ・ミュージアム「長野県立美術館」と

名称も新たにリニューアルオープンしました。

敷地である城山公園は6月現在工事中です。

今回は美術館ではなく、その城山公園についてお伝えします。


先日営業に同行し城山公園の工事現場を見学した際

多くのコンクリート製品が入る中、風変りなものを見つけました。

同心円状のコンクリートは魔法陣のよう。

joyama01.jpg joyama02.jpg

数多くのバルブが並んでおり、目が釘付けに。

joyama03.jpg

風変りなものは建設中の【噴水】とのことでした。

数か月後にはこのように・・・

joyama04.jpg

地中にあのような配管が整備されているとは想像もつかない

フラットでシンプルな外観となりました。

ライトが埋設されているので夜の演出も期待できます。

県立美術館の「霧の彫刻」と共に、素晴らしい水景が楽しめる場となることでしょう。

joyama05.jpg

---------------------------------------------------------------------------

L型擁壁、マルチU、ボックスカルバートetc...
施工事例をご紹介しています ↓

20170217.JPG

随時、現場を追加していきます。こちらもぜひご覧ください。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

バーベキューにオススメです!

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部web担当チームです。
秋も深まり、紅葉のシーズンになってきましたね。
長野県は山に囲まれているので、だんだん山の色が紅く染まっていく様子が楽しめます♪
今回は松本市にある中信営業所から、バーベキューにオススメの場所をご紹介します(^^)/

↓ ↓ ↓

コロナ禍でもアウトドアでのアクティブはソーシャルディスタンスを保てるとの事で
フィッシングが人気になったりキャンプにバーベキューという話を耳にします。

バーベキューといえば誰もがワイワイ楽しんじゃう楽しい行事!

家の庭でも楽しめますが、やはり広い場所でたくさん人が集まって
ワイワイやりたいモンです。

しかし中々公共には綺麗で清潔感があるフィールドも少なくお金払ったりして
有料の場所を利用している方々が多いのかな?

bbq01.jpg bbq02.jpg

公共にあるけどさすがに古いよねえ...。

そんな皆さんに朗報です!

松本のやまびこドームがある信州スカイパーク(長野県松本平広域公園)に
バーベキューピットがオープンしています。

bbq03.jpg bbq04.jpg

昨年の11月、信州花フェスタ2019第36回全国都市緑化フェアの開催後に
オープンしたバーベキューエリアです。

エリアにはピットが25卓あり洗い場が3基、炭を捨てる為のBOXもあります。

テーブルの間隔はしっかりソーシャルディスタンスを保っており人に気を遣わずに
楽しむ事が出来ます!

そして皆さんにお伝えしたいのはこのバーベキューピットの基本部分は
現場で型枠を組み、生コンクリートを流し込む現場打での成型ではなく
工場で製造されたコンクリート製品なのです。

bbq05.jpg

こんなカタチで重量も抜群、しかし配筋を用い歴とした工場製造品なのです。
設計に携われる方は「ふ~ん」って言ってくださいw

工場で製造されたバーベキューピットは現場に搬入され、このようにして設置されていきました。

bbq06.jpg bbq07.jpg

bbq08.jpg bbq09.jpg

設置されたバーベキューピットの天面に中国産の最高級黒曜石を張り付け施工し
(カドはすべて丸める等、優しく加工されております)
真ん中の窪みにU字溝を安定させる為に砕石を敷き詰めます。

bbq10.jpg bbq11.jpg

bbq12.jpg bbq13.jpg

エリアに特別な土舗装を施し、U字溝をピットに設置し完成です。

bbq14.jpg bbq16.jpg

このエリアがある事をご存じない方が多く春先は混雑無かったそうですが、夏は満卓で賑わっておりました。
これだけバーベキューピットがあるエリアは無いと思います。

またこのエリアから少し離れたところに今年7月にオープンした噴水広場も臨めます。

bbq18.jpg bbq19.jpg

インターロッキングデザインの噴水広場は珍しく週1回は光も共演するナイトショーがあります。
(2020年は10/31にて噴水終了)
夏は9時からの噴水を待つ子供もたくさんいました!

おもしろ自転車広場、少し離れてドッグランがある南管理棟広場もリニューアルしました。

bbq20.jpg bbq21.jpg

松本空港滑走路の飛行機が離発着する目の前、南管理棟広場へもぜひ遊びに足を延ばしてみてはいかがでしょうか?
ジェット機が目の前で加速したり凄いです!

信州スカイパーク(松本平広域公園)は松本空港を中心にした大きな公園、エリアに分かれて楽しめるようになっております。
塩尻北インターから車で5分、一日楽しめる場所です。
食材持ってバーベキューにお越しを♪


あっ、ちなみに草生えない防草ブロックに中央分離帯用がありまして...

bbq22.jpg bbq23.jpg

まだまだ施工中です。開通したらまたご紹介します♪

おしまい

---------------------------------------------------------------------------

ロードプラス、マルチU、ガードクリフetc...
施工事例をご紹介しています ↓

20170217.JPG

随時、現場を追加していきます。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

蓄光石のご紹介

みなさん、こんにちは。
高見澤コンクリート事業部 web担当チームです。
21日に夏至を迎え、暦の上ではいよいよ夏本番です。今年は日食も見られる貴重な日でしたね。
今回は小布施町にある北信営業所から、「蓄光石」をご紹介します(^^)/

↓ ↓ ↓

今回は、蓄光石のご紹介をさせて頂きます。

いきなりですが、蓄光石、ご存じですか?
05.jpg 07.jpg
蓄光石とは、昼間の太陽光や蛍光灯の紫外線を吸収して、半永久的に蓄光と発光を繰り返すセラミックス素材の人口石です。
耐久性・耐候性・耐摩耗性・耐水性に優れていて、屋外でも大丈夫です。
放射性物質や有害物質をいっさい含んでいないので、地球環境にも優しいんですよ。

今回弊社で携わらせていただいた案件で、施工手順をご紹介させていただきます。
「日本一の星空」として有名な長野県阿智村智里の県道富士見台公園線の歩道に、蓄光石を使って星空を施工しました。

①星座の位置を決め、バランスよく配置致します。
01.jpg

②蓄光石と舗装材を、事前に決めた配合割合で混ぜ合わせます。
02.jpg

③蓄光石の混ざった舗装材の敷均しを行います。
03.jpg

④星座の仕上げ作業を行います。
04.jpg


施工完了時の風景
08.jpg

夜間撮影風景
09.jpg
(より、発光を促すために、UV-LED投光器を使用して、撮影しています。)
*UV-LED投光器を併用して設置するのも、より幻想的な演出になります。

株式会社高見澤では蓄光石の設計のお手伝い、製品の取り扱いもしておりますので、
幻想的な演出をお考えの際はお問合せをお待ちしております。

信濃毎日新聞に紹介されました。

---------------------------------------------------------------------------

ロードプラス、マルチU、ガードクリフetc...
施工事例をご紹介しています ↓

20170217.JPG

随時、現場を追加していきます。

---------------------------------------------------------------------------

※いいね!していただくと、ブログが更新される度にfacebook上でお知らせ致します。

1  2  
PAGE TOP