TOP » 施工事例 » 擁壁(大型ブロック)・法面 » エコボックスRE工法

施工事例

施工事例 エコボックスRE工法一覧

【HRL/エコボックスRE工法/ボックス(協会型)】掘削幅の少ないエコボックスRE工法を採用!(長野県上田市)

カテゴリ  L型擁壁
 擁壁(大型ブロック)・法面
 カルバート
製品名  ハイパーロードL型擁壁
 エコボックスRE工法
 BOXカルバート(協会型)
施工場所  長野県上田市梅ノ木沢平井2工区
発注者  上田建設事務所

令和元年度 災害関連緊急砂防工事(砂)梅ノ木沢 上田市 平井2工区
法下の沢が深く、道路幅員の確保が難しい中で掘削幅が少ないエコボックスRE工法が採用になった案件。
工期的に冬季養生が難しいとの判断にて現場打ち部をPC床版とL型擁壁にて施工された現場です。

≫ハイパーロードL型擁壁製品ページへ≪ ≫エコボックスRE工法製品ページへ≪
≫ボックスカルバート(協会型)製品ページへ≪

hrlre01.jpg hrlre02.jpg
施工開始 1段目(R4年1月)            積み上げ完了(エコボックス+床版+HRL R4年2月)

hrlre03.jpg hrlre04.jpg
施工完了(検査前 R4年3月)            現在(盛夏 R4年8月)

【エコボックスRE工法】小さい掘削幅で崩落した路肩を早期復旧!(群馬県甘楽郡)

カテゴリ  擁壁(大型ブロック・法面)
製品名  エコボックスRE工法
施工場所  群馬県甘楽郡南牧村
発注者  南牧村役場

路肩崩落の復旧工事に採用いただきました。
掘削幅が小さい工法なので、全面通行止めを回避しての施工が可能になりました。

slope-4kochira.jpg

mmecobbf.jpgmmecobaf.jpg
施工前(路肩崩落)                施工後(復旧完了)

mmecob01.jpg mmecob02.jpg

【プレガードⅡ/ガードクリフ/エコボックスRE工法】
通行止めに出来ない道路の拡幅で採用(群馬県吾妻郡中之条町)

カテゴリ  L型擁壁
 擁壁(大型ブロック)・法面
製品名  プレガードⅡ
 ガードクリフ
 エコボックスRE工法
施工場所  群馬県吾妻郡中之条町
発注者  中之条町役場

通行止めに出来ない生活道路の拡幅で採用して頂きました。
基礎位置での掘削幅を少なくできるので、補強土壁をご検討の箇所へお勧め致します。

l-retaining-wall-6kochira.jpg gc-kochira.jpg slope-4kochira.jpg

re-nakanojyo1-1.jpg re-nakanojyo1-2.jpg
re-nakanojyo1-3.jpg re-nakanojyo1-4.jpg

【エコボックスRE工法】崩落した法面の復旧に(長野県松本市)

カテゴリ  擁壁(大型ブロック)・法面
製品名  エコボックスRE工法
施工場所  長野県松本市波田
発注者  松本市役所(旧波田町)

エコボックスの前面がほぼ垂直になるように、上段になるほど大きいサイズのブロックを使用した擁壁工法です。
地山の掘削が最少となるため、安全性が高く経済的で、工期短縮も可能です。

slope-4kochira.jpg

eco4-1.jpg eco4-2.jpg
eco4-3.jpg eco4-4.jpg

【エコボックスRE工法】最少掘削で経済的(山口県)

カテゴリ  擁壁(大型ブロック)・法面
製品名  エコボックスRE工法
施工場所  山口県
発注者  山口県美弥土木事務所

国道316号交通安全施設整備工事
エコボックスの前面がほぼ垂直になるように、上段になるほど大きいサイズのブロックを使用した擁壁工法です。
地山の掘削が最少となるため、安全性が高く経済的で、工期短縮も可能です。

slope-4kochira.jpg

re3-1.jpg re3-2.jpg
re3-3.jpg

【エコボックスRE工法】最少掘削で経済的(兵庫県美方郡)

カテゴリ  擁壁(大型ブロック)・法面
製品名  エコボックスRE工法
施工場所  兵庫県美方郡新温泉町
発注者  国交省豊岡河川国道事務所

国道9号歌長地区道路改良工事
エコボックスの前面がほぼ垂直になるように、上段になるほど大きいサイズのブロックを使用した擁壁工法です。
地山の掘削が最少となるため、安全性が高く経済的で、工期短縮も可能です。

slope-4kochira.jpg

re2-1.jpg re2-2.jpg
re2-03.jpg

【エコボックスRE工法】最少掘削で経済的(岡山県備中地区)

カテゴリ  擁壁(大型ブロック)・法面
製品名  エコボックスRE工法
施工場所  岡山県備中地区
発注者  岡山県備中県民局衣笠支局

エコボックスの前面がほぼ垂直になるように、上段になるほど大きいサイズのブロックを使用した擁壁工法です。
地山の掘削が最少となるため、安全性が高く経済的で、工期短縮も可能です。

slope-4kochira.jpg

re1-1.jpg re1-2.jpg
re1-03.jpg

PAGE TOP